アイザック東京渋谷校    (個別指導)


評価:
0 5
(評価数:0件)
アイザック東京渋谷校    (個別指導)
実績 過年度実績
印象に残る一言 私たちは「テストが苦手な受験生」対策の専門家です。偏差値46で最短10か月の合格実績があります。生徒一人ひとりにとって、わかりやすい授業と的確な学習指導はもちろん、全体をコーディネートして「いつまでにどうやってそこにたどり着くか」ロードマップを明示し、ゴールまでナビゲートしますので、ぜひ一緒にがんばりましょう!
価格ページ http://isaac-gaikokugo-school.jp/igakubuyobiko/article/fee
代表の言葉 http://isaac-gaikokugo-school.jp/igakubuyobiko/article/jyukenno
対象 現役・既卒
アイザック東京渋谷校    (個別指導)のwebサイト

英会話教育のノウハウをベースとして、法人研修・エアライン・医学部受験と展開している。

 

指導システムとしては、医学部予備校ではオーソドックス。

「指導経験が豊富な講師」「完全個別指導」「カウンセラー」など、生徒に合わせながら、合格への効率的な勉強方法を明示し、合格に導くよくあるタイプ。

他塾と異なる部分があるとすれば、面接・小論文対策に力を入れており、「ビジュアル・フィードバック・システム」でVTRによる効果測定・大学に合わせた指導を行う。筆記が不調だったとしても、面接で逆転できる(逆もまたしかり)現実を考えれば、単に、勉強だけを教える予備校より、サポートは手厚い。

 

なお、主な対象大学は、医学部にしては偏差値帯が低い大学。受験情報もそこに絞って公開している。

事実、コース設定も、「浪人・多浪生」コースが存在。これは、”何とか医学部に合格したい”生徒で、どこでもいいから医学部に行きたい生徒を引き付ける意図があると思われる。(その上、浪人コースの下に、「現役生コース」をもってきていることも、他の予備校とは異なる。)

 

医学部の場合、資格が取れれば、基本的には、どこでも問題ないという風潮は確かに存在する。そのニーズに応え、ターゲット大学の傾向にきちんと合わせる予備校は増えてきている。医学部受験ならではの流れであろう。

 

 

 


1 件の口コミ

  • (記者)さん

    評価:

    ”どこでもいいから医学部に”や、”できれば、家の近くで通いたい”というニーズを汲んだ予備校。普通の予備校とは違うのは、英会話スクールのノウハウを活用しているところ。受験のキーとなる英語の指導は、一般社会人・法人相手に指導してきた経験を生かし、それ以外の科目は、外部のプロ講師で補い医学部受験をサポートしていく。

    なお、おおざっぱな数値ではあるが、医学部のワンレッスンが60分:15,000円に対し、渋谷校の英会話レッスンが11,266円と若干の値段の違いがある。同じ英語の指導ノウハウを活用するならば、料金は同じでもと思ってしまうが、そこは医学部受験という特殊な指導。教えられる人は確かに貴重なので、値段に差が出てしまうのも致し方がないか。

    0

コメントリンク

トップへ