佐鳴予備校【高校部】


評価:
0 5
(評価数:0件)
佐鳴予備校【高校部】
実績 毎年掲載
印象に残る一言 @will(アット・ウィル)の講座ラインナップは、基礎からハイレベルまで21,314講義(2017年度リリース予定まで含む。)と充実。教科・科目ごとに学習内容が細分化されており、すべての単元のあらゆる学習内容をカバーしています。
価格ページ 記載なし
代表の言葉 http://www.sanaru-net.com/high_school/qa.html
対象 現役
佐鳴予備校【高校部】のwebサイト

高校部は、映像授業。つまり、東進と同じシステムで、双方向の授業ではない。

幅広い映像授業やオリジナルテキストを用意し、個別の指導カリキュラムやサポート、そして添削指導や質問対応スタッフを常駐させるなど、莫大な投資をしたので、以前から注目はしていたが、今年、医学部実績が出てきたので、投稿することに。

時流は、オンライン授業で、きめ細かい指導をする流れになっているが、このような映像授業は一定数のニーズがあると思う。

 

というのも、オンライン授業は、毎回先生を用意しなければならないので、実は、これまでの予備校授業の集団授業とほぼ同じ。だから、自分に合った講義を受けられるというわけではない。

一方、映像授業は、豊富なコンテンツがあれば、その中から、自分にふさわしい講義を選んで授業を受けられる。もちろん、ライブではないデメリット(一方的・質問できないなど)はあるが、佐鳴予備校は、そのデメリットをなるべく解消し、映像授業のよさを生かしている。

 

あとは、東進のブランドとどのように差別化していくのかでしょう。


関連する予備校

7 件の口コミ

  • ありたどりさん

    評価:

    情熱あふれる教室長で、頼もしい限りでした。中学部と異なり、映像授業なのでついていけるかどうか不安でしたが、3年間子供が意欲的に取り組んでいたので、よかったです。

    0
  • (記者)さん

    評価:

    映像かライブかは、ともに良しあしがある。どちらがいいということはできない。

    ただ、都市部から離れた場所で、生徒自身に時間の制約があるという場合は、やはり、映像授業というサービスは非常に便利。

    自分の生活スタイル・目標に合わせ、どちらを選択すればよいか考えるべき。

    0
  • ガラナ ラブズさん

    評価:

    一人一人に合った指導を、豊富な映像授業の中からセレクトして提供してくれるのがいいと思います。授業を(営業的として)どんどん取らされるということもなく、手ごろでした。

    0
  • BICさん

    評価:

    中学から継続して、受講していました。高校受験でお世話になった先生がすすめるので、やってみたのですが、自分には合っていませんでした。何を言っているのかわからなすぎ…ただ、同様に高校部に入った、優秀な友人はしっかり活用し、成績も上位にいたので、人それぞれだなと思いました。

    0
  • (動画紹介)さん

    評価:

    @willの紹介動画です

    0
  • (動画紹介)さん

    評価:

    駿台講師 数学の安田先生です。

    0
  • (動画紹介)さん

    評価:

    河合塾講師 物理の合田 哲也先生 です。

    0

コメントリンク

トップへ