慶応大学進学専門塾 慶應クラス    (映像授業)


評価:
0 5
(評価数:0件)
慶応大学進学専門塾 慶應クラス    (映像授業)
実績 毎年掲載
印象に残る一言 慶応大学に絶対合格したい人のための慶応義塾大学進学対策専用塾
価格ページ http://www.skilladviser.com/base/sixyouron/sr-2/keiou-crass-setumei.html#k5
代表の言葉 http://www.skilladviser.com/base/sixyouron/sr-2/keiou-usiyamaprof.html
対象 現役・既卒
慶応大学進学専門塾 慶應クラス    (映像授業)のwebサイト

慶應義塾大学の小論文・英語に特化した塾。DVD授業と個別サポートを行う。

もともと、小論文・英語の試験対策講座・記憶術や、企業向けのコンサルティングを行う会社で、そのノウハウを生かし、代表の出身校である慶應義塾大学にターゲットを絞った受験対策コースを設定した。

 

大まかにいうと

・月一で、記憶塾のDVDを受講
・動画での授業の受講
・小論文の添削(月に3回 課題問題2枚 過去問題1枚)
・記憶・小論文の為のサポート(英語、地歴、小論文) メール無制限
・電話相談 月に1時間(予約制)

 

となっている。

 

医学部受験で考えるならば、英語・小論文に関するトレーニングだけしかできない。なので、他塾よの併用が必要となってくるであろう。

ただ、それを踏まえた上で、この塾に魅力があるのは、「豊富な具体例」

 

具体的な指導はもちろんのこと、慶應対策の無料情報誌・保護者用の”WebBook”、合格実績(医学部も合格実績として計上)など、貴重な情報が入手できる。これも、慶應義塾大学に特化しているからこその、なぜる技であろう。

 

一応、数学の講座(スカイプ家庭教師)のコースも存在するが、軸になっているのは、文系科目(英語・小論文・記憶法など)であることは間違いない。

 

筆記試験で合格しても、2次試験で落とされる生徒は確実に存在する。慶応義塾大学医学部では、上位生の争いになるわけで、4科目でのいさがつけにくいのも事実。小論文に自信がない生徒には、向いている講座かもしれない。

 

 


3 件の口コミ

  • (記者)さん

    評価:

    慶應義塾大学にここまで特化しているは珍しい。ほかの事業があるからこそ可能な講座だと思う。これまでのノウハウを生かした受講ラインナップで、小論文・英語のスコアアップの方法論は、具体的でよい。

    ただ、それと比べて、数学に関しては、内容が弱いイメージしか抱けない。

    小論文・英語は、論理的に考えることを徹底しているのに、数学は”解法暗記”と書いてあるのは、違和感を感じる。数学については、発展の途中と考えたほうが無難であろう。

    0
  • (動画紹介)さん

    評価:

    https://youtu.be/SwBuRcIvVXc

    メディアに取り上げられた時の映像です。

    0
  • (記者)さん

    評価:

    http://presidentfamily.com/tag/%E6%85%B6%E5%BF%9C%E5%A4%A7%E5%AD%A6%E5%8F%97%E9%A8%93

    プレジデントのファミリークラブ 牛山先生の寄稿です。

    0

コメントリンク

トップへ