現役合格メソッドのWITH  (映像授業)

Pocket

評価:
0 5
(評価数:0件)
現役合格メソッドのWITH  (映像授業)
実績 過年度実績
印象に残る一言 企業が求める大学教育の新たな役割として「自分の意思を明確に表現する力」「相手の意見を明確に表現する力」「自ら考える力の習得」の養成となっており、義務的な受け身学習では身につけることができません。
価格ページ http://www.with-go.com/question.php
代表の言葉 http://www.with-go.com/course.php
対象 現役・既卒
現役合格メソッドのWITH  (映像授業)のwebサイト

映像授業を有効に使うサービスを提供し、成績向上・志望校合格につながる。

授業映像は、定期テスト対策・センター試験対策・一般入試対策と幅広く対応。通信添削の営巣授業バージョンといってもいかもしれない。

 

非常に便利なサービスだが、映像授業の最大の問題点は、「使いこなせるかどうか」

 

いくらハイレベルな授業であっても、生徒に合っていないものであれば、まったく意味がない。ただでさえ、映像授業は人を選ぶ。授業をする場合は、ターゲットを想定して講義を展開するわけで、モニター前の生徒に合うとは限らないからだ。

 

そこで、ここでは、サポート体制を充実させ、映像授業の効果を高めることに腐心している。

具体的には、「学力診断テスト」を経て、「個別学習プラン」を作成し、授業を開始、その後も、「東大生の指導」「進路面談」「到達度テスト」と生徒の学習状況をおさえていく。

 

本来は、いい授業さえあれば問題ないわけだが。それでできる人は限られている。その上、受験は戦略がとても大切。どんな入試問題であっても、合格点を取ればいいわけだから、効果的な勉強は可能だし、なにより、そうでなければ、やみくもに頑張っていても、合格は難しい。

 

個人的には、情報がない場所で受験にのぞむ生徒にはいいサービスだと思う。

 

 

ただ、講義の内容(大手予備校講師とはうたっているが)は見えてこないので、そこは心配。

Pocket

コメントリンク

トップへ