C.L.M教室     (個別指導・数学)

Pocket

評価:
0 5
(評価数:0件)
C.L.M教室     (個別指導・数学)
実績 なし
印象に残る一言 C.L.M教室は訪問授業という形で小集団での指導を行い,学校授業の補充や先取り学習など、 その子の要望に合った学習ができます。       
価格ページ https://www.math-education.jp/コース-料金/
代表の言葉 https://www.math-education.jp/塾長の教育理念/
対象 小中学生
C.L.M教室     (個別指導・数学)のwebサイト

小中学生対象。

 

もともと先生の教諭だった方が塾長。なので、単に点数を伸ばす・実績を出すことに傾注するのではなく、数学を通じて、考える力・主体性を身につけることに重きを置く。

これまで、学校で行われているマス教育は、中位の生徒に絞った授業なので、必ずしも、自分に合った内容を学習できるわけではない。数段授業の限界であり、受け身・思考停止の生徒が増えてしまう要因にもなっている。

そこで、主体的にものを考えるきっかけをつくる、アクティブラーニングで、数学を教えていき、生徒たちの個性を引き伸ばす。具体的には、学校の授業についていけない生徒や、反対に、学校の勉強が簡単すぎる生徒には、先取り学習を行う。

学習内容は、AIでも教えることはできる。ただ、子供たちの可能性を引き出すのは、経験・思考・情熱を持つ人間にしかできない。

教員生活38年のなせる業であろう。

 

なので、ここは医学部受験に直結する指導を期待はできない。その代わりに、数学の基礎を作る・好奇心や思考力を養うなどの事前準備の塾ととらえれば、面白いと思う。

 

なお、個々の塾は、教室を持たないので、家庭で講義を受講できる。ただ、家庭教師と異なるのは、訪問した家庭を教室として、友人と一緒に講義を受けることができる。出張型の個別指導とお考えいただければと思う。

 

Pocket

関連する予備校

1 件の口コミ

  • (記者)さん

    評価:

    小中学校の教諭を務めあげて、立ち上げた塾。本来は、悠々自適な生活を送れるはずなのに、これまでの経験を生かし、子供たちの能力を高める活動をしている。

    一般的に、塾・予備校の考え方は、2つ。「受験で点を取るための塾」Or「子供の興味関心・能力を高める塾」のどちらかだが、前者のほうが一般的であり、顧客もそれを期待している人が多い。

    しかし、C.L.Mは、いずれ自分のもとを巣立っていく子供たちの未来を見据えた教育にこだわる。

    だから、医学部受験に直結はしていない。しかし、数学という学問を通じて、子供たちの考える力を養い、目先の受験力だけではなく、生きる力を身につけさせたい人には、向いていると思う。

    これが、今回あえて医学部予備校サイトにあげた理由です。

    0

コメントリンク

トップへ