受験数学にセンス不要~こわれた数学を治す 秋田洋和先生~


受験数学にセンス不要~こわれた数学を治す 秋田洋和先生~

医学部受験で避けて通れない「数学との付き合い方」についてです。

 

多くの高校生が,大学受験という大きな壁と向き合うときに「数学との付き合い方」に苦慮します。追い詰められて「捨てる」以外の選択肢がなくなってしまう者,「何とかセンター試験までは・・・」と言いながら,費やした時間と労力に対して伴わない結果に頭を抱える者。残念ながら,大学受験においては「数学との付き合い方」が自身の選択肢を拡げることにも狭めることにもなるのは事実です。

 

そんな「数学との付き合い方」について,「数学はセンスだから・・・」「自分には無理」と早々にあきらめてしまう人は少なくありません。あるいは,数学さえできれば自分の進路が大きく拓けるのは間違いないのだけど,どうすればいいのかわからない・・・。

こうした悩みを抱えながら勉強を続ける高校生は,医学部や難関大理系を目指す場合であっても少なくありません。この記事を読んでいるあなただけの悩みではないのです。

その答えを出している先生がいます。
「こわれた数学を治します」をキャッチフレーズにしている秋田洋和先生です。
今回,秋田先生とお話しする機会をいただき,その内容に大変共感しましたので,皆さんに紹介することにしました。
http://profile.ameba.jp/fdhhiro/

 

 

少しだけ秋田先生のお話しを具体的に紹介していきます。

秋田:中高一貫校に通う「数学を苦手とする生徒」には,ある共通の特徴があります。それは「定期試験ならば何とかやり過ごせるけれど,模試になると歯がたたない」ということです。もちろん「定期試験でさえ苦しい」という生徒も多数存在しますが,彼らの数学に対する考え方は「解き方を覚えて,ミスをしなければ正解できる」が基本です。だから,定期試験であっても「理解が不十分だった」という反省よりも「ケアレスミスをしてしまった」という声をあげるほうが先になります。

ちゃんと覚えていたのに,自分の作業ミスによって,正解できなかった
これが,数学を苦手とする生徒によくある反省点の実情なのです。

 

秋田先生は,さらに続けます。

秋田:ところがこの勉強法では,入試問題はおろか模試であっても数学には苦戦することになります。宿題は真面目にやるし,計算演習なんて決してダレることもなく黙々とやり続ける生徒であっても同様です。こうした生徒は,模試になるときまって「問題の意図がつかめない」「何を言っているのかわからない」というのです。
つまり,入試問題や模試では「問題文を読み,情報を取捨選択し,その情報を数式に翻訳する」ことがすべてのスタートになるということを,残念ながら気づいていないし,誰からも教わっていない生徒が多すぎるのです。この違いを知って乗り越えれば急激にレベルアップするのだけれど,この違いを理解する過程で一番の大きな壁になるのは,「解き方を覚えて定期テストに臨めばなんとかなった」という経験そのものなのです。

心当たりのある方は多いのではないでしょうか。
通常,大学受験で成功するには,多くの中高一貫校が取り入れている「先取学習」が有効とされています。中学・高校範囲を可能な限り前倒しで学習し,高3は演習に時間を割いて本番を想定したトレーニングを行うカリキュラムです。しかしながら,このカリキュラムには弊害があって,「高3にたどり着くまでに,授業についていけなくなってしまう生徒」が,どんな学校であってもそのレベルによらず一定の人数が出てしまうものです。

このカリキュラムにおける定期試験は,その学習内容が「わかる」かどうかを問うものなのですが,生徒や保護者はそれによって「できる」と勘違いしてしまいがち。その勘違いに気づかないまま時間が経過してしまえば,それだけ状況は悪化していくのです。

 

秋田先生は,このような言葉で続けます。

秋田:中高6年間の学習においては,勘違いしてしまいがちな単元,つまり「授業についていけなくなってしまうポイント」となる単元,あるいは時期が明確に存在します。そのポイントを無為に通過してしまった回数が多ければ多いほど,数学を「捨てる」選択を迫られる時期が早まるのです

秋田先生は,この「通過してしまったポイント」まで戻ることを提唱しています。先取学習に追われる生徒には「戻る」という行為そのものに勇気が必要ですが,多くの生徒がこの決断によって,自身の可能性を拡げているのです。

場合によっては「中学入試の段階までさかのぼることもある」と秋田先生は続けます。中学入試の際に「とにかくパターンを覚えて速く解く」「(合格すればいいのだから)捨てる問題を決めて,手を出せそうな問題だけを処理する」といった傾向のあった生徒は要注意だそうです。心当たりのある方は,できる限り早く「正しい数学との付き合い方」を身につけ,これまでおざなりにしていたチェックポイントを鍛え直しましょう。 これが「こわれた数学治します」の正体です。

 

秋田先生はこうむすびます。
中高一貫校に通う者は,特に中学生の間は,学校のテスト対策に終始せず,パターン暗記に頼らない思考のトレーニング(特に幾何)を続けること。覚えた公式やテクニックは,正解へ至る過程のゴールではなくスタートでしかない。それを理解して頭を鍛え続ければ,センター試験なんて通過点でしかない。

 

進学塾・予備校・高校で,生徒への数学指導のみならず教員の研修やコンサルまで請け負い,「高校への数学(東京出版)」でメイン記事の連載もしている秋田先生。
耳触りのよいPRの文言とは異なり,実績を出し続けている本物の講師の言葉は大変貴重です。

最後に、先生のこれまでの実績が集約された秋田先生のHPもあわせてご紹介します。
http://www.akita-hirokazu.com/

 


トップへ