中学受験国語 読解力いらずの解き方講座  長島康二 著


中学受験国語 読解力いらずの解き方講座  長島康二 著

 

今回は、中学受験向けの国語参考書のご紹介です。

 

 

 

 

著者は、普段、お世話になっている長島康二先生。

中高生を対象とした校内予備校や、塾・予備校で、現代文・医学部小論文の指導を担当して頂いております。

 

その長島先生ですが、なんと中学受験の指導にも長けており、ご縁もあって、エール出版社より、執筆オファーを受けたそうです。

 

そして、私たちの医学部予備校比較サイトは、小学生~高校生を対象とした塾を扱っているので、先生のご厚意により、掲載させていただくことになりました。

 

 

まず、この本のポイントは「正しい解き方を、きちんとマスターする」ことを主眼に置いています。

 

6年の後半は、過去問をどんどん解いていきますが、闇雲に解いていても、効果が薄い。勿体ない。

なので、その前の5年後期~6年前期に、この本を使って、解法を定着させてほしいという願いがこもっております。

 

 


A5サイズのハンディな教材。

とてもシンプルな構成。黒一色ではあるが、とても見やすい。下手に、色使いが派手なものよりGood

過去問9題を、たった8つの解き方で解き方で攻略。これで、ほとんどの学校の問題を攻略可能。


 

 

拝読させていただきましたが、簡潔な説明・デザインで、文字に圧倒されることはありません。

基礎にのっとったオーソドックスな解法です。

 

 

中学入試は、「正統派の問題」が多く、きちんと全文を読んで、答える問題がほとんどです。

ジャンルも、大学入試は、抽象度の高い評論文が大半ですが、小説もよく出題される。

そして、長い!

 

だから、いかに基本を身につけることができるかにこだわった内容になっているのでしょう。

(大学入試は、結構、技術(目の付け所やまとめ方)が大切になってくるんですが)

 

そして、例によって、先生の直筆サインをいただきました。

 

 

ありがとうございます!

 

 

そして、最後に、先生が主宰されている個別国語塾「読解ラボ東京」をご紹介させていただきます。

中学受験~大学受験(現代文・小論文*医学部含む)まで、多岐にわたる指導を、1:1の個別で受講できます。

もちろん、長島先生がすべて担当。

 

(見た目よりも)若く・指導センスのある先生ですが、さらに、今は脂ものってきて、多くの学校・塾からも「逆指名」を受ける先生です。

 

ぜひ、国語が伸び悩んでいる生徒さんは、ぜひぜひ、読解ラボ東京まで、ご連絡ください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


トップへ