医学部予備校を選ぶポイント ~お金~


医学部予備校を選ぶポイント ~お金~

デリケートな問題ではありますが、非常に重要な要素についてーお金の問題です。

 

 

”医学部予備校の授業料は高い”のが定番でしたが、今予備校・塾のバリエーションも増えたので、選択次第で、通常の予備校と同レベルに抑えることも可能です。(それでも私学の一年分くらいはかかりますが)

 

 

ただ、個人的には、授業料の値段よりも大切なのは「子供がきちんと勉強し、成績があげられるかどうか」だと思います。

言い換えれば「子供の状態次第で、値段は変動する」ということです。

 

 

”勉強が苦手・やり方もわからない”場合は、ある程度、拘束させる必要があるから値段がかかる。

逆に、”自分でできる・高成績をおめている”のであれば、特待生にもなれるだろうし、極端な話、予備校に行く必要もない。事実、高卒認定試験から医学部に行くケースはよくある話。

 

 

 

もちろん、粗悪な業者(中身がない・法外な額を要求する業者;結果、年間1000万取られる場合も)は、このサイトで研究し排除してほしいのですが、相場感がわかったら、あとはご予算に合わせて「自分の子供を高める予備校」を探せばいい。

”安かろう悪かろう”や”高いから何とかしてくれる”という先入観を排除していく必要があるでしょう。

 

 

 

今後、記載していく予定ですが、英語一つとっても、「合理的に合格させる」とか「受験で燃え尽きるような生徒ではなく、大学入学後もどんどん伸びる生徒を育成する」とか、「できない生徒を伸ばす」など様々な予備校があります。そういったポリシーと予算と子供を見比べ、腹をくくれる予備校を探す。そこに成功の秘訣があるはずです。

 

 

 

最後に、お金がらみでやってはいけないことを。

それは「子供に必要以上の金銭を渡さない」ようにしてください。特に遠隔地で勉強する場合、不憫に思ってか”困ったときのために”とお金を渡す(カードも含める)親御さんを見たことがあるのですが、いい結果にはつながりません。

そのような親御さんほど、先生には”厳しくやってください”という人が多いのですが、「見守る勇気」を持っていただきたい。

 

 

受験は一人で戦うものということもあります。孤独な時間も必要です。ただ、一番の理由は「若い子供は流されやすい」から。医者になりたいと思っていても、だんだん無意識に”親が何とかしてくれるかも”と思ってしまうのです。弱い子ほどです。

だから、適度な緊張感を作り出す必要があるのです。

 

 

かつて、医学部受験をして断念した生徒がいました。その子は一人暮らしをして予備校に通っていたのですが、不規則な生活を送ったり、勉強に集中できない生徒でした。それを母親が心配するあまり、ほぼ子供のところに通い詰めて、いろいろ世話をしていました。それも特に注意することもなく。結果、全滅。

しかし、その後、変化が起こります。

知り合いの工務店に働きに出したそうなんですが、しばらくして帰ってくると、「規則正しい生活」「整理整頓」など別人になっていたのです。

甘えられない環境が彼を変えたのでしょう。

 

 

教師もそうです。厳しすぎるのも問題ですが、なめられるようでもだめです。”優しい先生・わかりやすい先生”は、もしかすると、この環境のままでいいというサインの場合があります。

 

 

ともあれ、人間は弱い生き物であることを留意して、「見守る」「適度な緊張感」を出していく。ここは丸投げにできません。

上記のことに思い当たるふしのある方は気を付けてください。お金は非常に大切な要素であることを。

 

 

 

連絡先  Medicus  担当 伊藤
e-mail
toiawase@medical-stage.com 

電話 03-3401-5281 *営業時間 平日9時~17時


トップへ