寺子屋いけうち

Pocket

評価:
0 5
(評価数:0件)
寺子屋いけうち
実績 毎年掲載
印象に残る一言 慶応大学-理工学部に入学した生徒には、高校入試問題から始めました。2ヶ月もすれば、大学入試問題が自分の力で読むことが出来るようになったのです。 受験を乗り切るためには、明確な目的と計画が必要です。 しかも、それは個人個人少しずつ異なるものです。大人数のクラスでそんなことは不可能です。少人数制を取り入れているのは、一人の生徒を大事に育てたい ということなのです。
価格ページ http://www.terakoya-i.jp/class/fee.html
代表の言葉 http://www.terakoya-i.jp/information/
対象 現役・既卒
寺子屋いけうちのwebサイト

難関国公立大学・私立・公立高校をターゲットにした少人数制予備校。池内先生の予備校指導経験から生まれた、本当に合格に必要な指導を詰め込んだ教務で、多くの生徒を合格へと導く。平成元年設立。

 

大手予備校の良さ(競争原理が働きやすい)ことを認めつつ、少人数制の良さを低減している。それは、本当に自分に必要な指導は何なのかをわかったうえで、受講してほしいから。

受験に必要なものはシンプルで、基礎学力(読解力・知識)。いくら高名な先生の授業・テキストを活用しても、基礎がなければ、まったく意味がない。

 

その基礎学力を身につけるために、自分にふさわしい学習環境は一体に何かを、冷静になって考えてほしい。

 

寺子屋いけうちでは、少人数制・授業ごとの演習・添削指導・個別指導を用意し、生徒に必要なものを適宜用意し、基礎の徹底を図る。

また、大手予備校のようなドロップアウト(実際、夏前に消えていく生徒は相当数存在する。特に、下位クラスの場合)する生徒はいない。というか、そうなる前に、手を打つことができる規模の塾。

 

このように、技術だけでなく、精神面においてもフォローしていく体制が整っている塾ではないか。

 

もちろん、それが”うざい”と思う生徒も存在する。そのような生徒には向いていない塾だろう。

 

要は、予備校であれ、少人数制であれ、自分の目的が達成知ればいいだけの話。

 

あとは、自分の特性・能力を見極め、思いっきり勉強できる環境を選べばいいと思う。

 

 

なお、塾の同窓会が開かれるほどの、アットホームな環境である。そのような仲間と一丸となって戦うことが好きな人には、向いている塾ではないか。

Pocket

関連する予備校

1 件の口コミ

  • 匿名さん

    評価:

    息子がお世話になりました。志望校は高いものの、勉強を一切しない子でしたが、塾に通わせていただいてからは、真剣に取り組むようになりました。いけうち先生とウマが合ったということもあるでしょうが、そのように仕向けていただいたんだと思います。また、値段もリーズナブルで助かりました。

    0

コメントリンク

トップへ