数理進学塾 MAT    (数・英・物理・ハイレベル)

Pocket

数理進学塾 MAT    (数・英・物理・ハイレベル)
実績 毎年掲載
印象に残る一言 MATの授業では、難問をじっくりと考えるなかで粘り強い思考力が養われるとともに、背後にある数学の美しさに触れることができました。(合格者の声)
価格ページ 記載なし
代表の言葉 0
対象 現役
数理進学塾 MAT    (数・英・物理・ハイレベル)のwebサイト

理系専門の予備校。

主に、教室近隣の進学校(東大寺学園・洛南高校など)を対象としている。

この塾の特徴は、なんといっても「英数テストゼミ」で、定期的に開催している。

日曜日は数学で、10:00~(2時間半・大問6題)

水曜日は英語で、17:00~(長文読解・単語・イディオムチェック・英作文)

 

一筋縄ではいかない、東大・京大の難問に対して、物事を論理的に考え、処理していくといった、実践力を身につけさせるには       「テストゼミ」が一番最適だが、大手予備校には、このような講座が少ない。

 

もちろん、物事の本質がわかっていないのに、やみくもに問題を解いていても意味はないが、一通り、学んだあとは          良問を解いていくことが、大切である。

まさに、痒い所に手が届くサービスである。トップエンドの難関大学・医学部受験を目指す人に最適だと思う。

(なお、中学生のうちは、学校の内容・進度に合わせて、指導している)

 

ちなみに、この塾とMAT教室は別物です。

 

 

付記として、中学生・高校生を対象として、京大生・京大院生が、現代数学・物理学の勉強会を行う講座もある。

これは、受験で直接問われることはない内容で、一種の教養講座。

Pocket

トップへ