LIBERTY ENGLISH ACADEMY (英語・個別・オンライン)

Pocket

評価:
0 5
(評価数:0件)
LIBERTY ENGLISH ACADEMY (英語・個別・オンライン)
実績 毎年掲載
印象に残る一言 実際、20年以上も英語教育を行ってきている私が指導させていただいた数千人の受講生のほとんどは、はじめは英語への苦手意識が強く、英語コンプレックスをお持ちです。 「英語学校に2年以上通ったのに、TOEICの得点が上がらない」 「教材を買って、単語はたくさん覚えているのに、長文読解が全然できない。。。」 などと皆さんおっしゃいます。 ところが、LIBERTYで授業を受けて数ヶ月と経つと、まるで別人のように英語ができるようになるのです。つまり、皆さんの英語学習が足りないのではなく、英語の教育法に問題があったのです。
価格ページ https://www.liberty-e.com/college-entrance-exam/
代表の言葉 0
対象 現役・既卒・社会人
LIBERTY ENGLISH ACADEMY (英語・個別・オンライン)のwebサイト

教養のある英米人の英語脳を育成し、難関高校・大学・医学部・大学院や、海外の大学の合格を目指す。「日本人の英語力を世界一に」プロジェクト2025を展開中。

これまでの日本の英語教育は、試験に合格するための英語で、決して、英語を使いこなせるわけではない。かなりの時間をかけて勉強しているにもかかわらずだ。

その現状を打破し、オリジナルの教育メソッドを開発し、入試や資格試験突破したうえで、英語力を一生の財産を得ることを木ひょいとしている。

 

2020年の大学入試改革で、英語の4技能(話す・聞く・書く・読む)の獲得を目的とした入試に変わっていく、実際、TEAP導入や英検の試験内容も変わっている。

ただ、教育現場では、その対応が遅れているのが現状。”試験がどうなるかわからない”という声があるが、変わっていくのは事実。

 

となれば、LIBERTY ENGLISH ACADEMY さんのノウハウのある塾が、非常に大切な役割を担っていくことになるであろう。

 

一生に一度の入試に向けて、トレーニングを積むのであれば、使える英語を身につけたいところ。大人になれば、仕事とかかわって生きていくことになるが、その際、英語圏の人を相手に取引できることができるほうが、より優位になっていくからだ。(日本の人口が少なくなっていくのであれば、なおさらだ)

 

 

 

Pocket

関連する特集

コメントリンク

トップへ